感動エピソード

出会いの先に・・・

結婚式や披露宴は、結婚を約束した二人が、招待するゲストをおもてなしをするために式場を予約し、時間をかけて打ち合わせを行い、当日を迎えます。

またお二人は、「自分たちらしさの結婚式」を求めてご相談にこられます。

打ち合わせや準備も大切なのですが、私が最も重要に思っていることは、お二人の「出会いの瞬間」だと思っております。

ご相談にこられるお二人には、それぞれドラマのような出会いのエピソードがあります。

その一つをご紹介します。

ご相談にこられたお二人は、新郎様は公務員、新婦様は看護士をしているお二人でした。

新郎様への第一印象は、有名日本人メジャリーガーにそっくり。

新婦様は、色白でとても笑顔のかわいらしい印象の女性でした。

元々新婦様は、この静岡県東部地区が地元ではなく、お仕事の関係でこの東部地区に住んでいらっしゃいました。

ある日、彼の友人(彼女の勤務している同僚で、二人の共通の友人)より、「紹介したい人がいるんだけど・・・」と誘われたのですが、仕事の都合なども重なり、この時はお流れに。

このお話から数ヶ月が経過・・・。

すっかりそのことすら忘れていた新郎。

友人から再度誘いがあり、その日がおとずれました。

彼女を見た彼は、一目ぼれ。

それからお付き合いがスタートしたそうです。

と良くある話なのですが、私が思うポイントは、二つ。

友人が他の男性を紹介していたら、もしくはその数ヶ月の間に、お互い特定の方がいたら・・・。

そうなっていたら、二人は出会っていなかったのかも・・・。

出会うどころか、こうして結婚式のご相談にも当然来ていないでしょう。

そう思うと男女の縁とは不思議なものだと思わずにはいられません。

そんなお二人は、当ホテルでの結婚式をご予約いただき、「結納式」も行っていただきました。

また、お二人から新婦様のご両親様へ「サプライズ結婚式」のプレゼントも。

ちょうどその日はご両親の結婚記念日。

写真のみで、結婚式を挙げていなかったご両親へのサプライズです。

ドレスとタキシードを着ていただき「写真を撮りましょう」とチャペルへ案内。

中では、新郎新婦とスタッフが待ち受け人前式を行い、退場時にはスタッフを集め「おめでとう」コール。

私たちも、感動の一瞬に立ち会うことができたことを、感謝しております。

出会ったころこと、そして結婚式のご相談・準備をお二人で行ったことを大切にし、幸せになっていただきたいと願っております。

そして当ホテルは、新郎新婦様が帰ってきていただける場所。

いつでもお二人のお帰りをお待ちしております。

ウエディングプランナー 貫名義忠