結婚式への想い

思い出の味を・・・・

私は、長崎県の五島列島出身で蒲郡には28年前赴任して来ました。

初めて、ホテルのメインダイニングからの景色を見たとき感動を覚えました。


近くの漁港にも、色んな魚介類が水揚げされています。私も、海の近くに住んでいたのですが知らない魚介がいっぱいで、ワクワク感を覚えました。

聞けば、三河湾は、餌になるプランクトンが多く浅利の漁獲量は、日本全国で第1位(全国70%)海老の種類も豊富で、クルマエビは全国2位また、深海に棲む赤座海老、アンコウなど捕る沖合底引き網を持っている船は、愛知県で4隻、蒲郡でその船を所有しています。

赤座海老などは、まさに蒲郡の名産です。伊勢海老が、海のキングなら赤座海老は、海のプリンセスで口に入れておくと、とろける様な上品な味わいです。

フルーツも質の高い「柑橘産地」、温室みかんでは、全国で2位メロン、柿、梨などフルーツのバリエーションが豊富です。

野菜についても、ブロッコリー、キャベツ、菜の花やそして日本シェア99%をも占めるマイクロトマト、また90%を占めるつま菊などの「あしらい」が有名です。

牛肉も、小麦を肥料として育て、オレイン酸(うまみ成分)が豊富で、お肉好きにはたまらない「みかわ牛」があります。

このような、おいしい食材を活かさなければいけません。


そこでいろいろ考えのなかから、赤座海老のプリプリ感を出す為に、マリネしたものをバナーで炙ったり、お肉も、お肉本来の味を引き出すために、いっぺんに焼き上げずに、一度あら熱をとりじっくり焼き上げたりもします。

お客さまのご要望も、多種多様です。富山県出身の方の披露宴では、天使の海老と言われます「白えび」や「つぶ貝」福岡県と北海道出身の方の時には、「明太子」と「甘納豆」を使用したもの、また、学生時代よく皆で食べた料理の一部の再現料理などもありました。

お二人の「思い」の入った料理を、招待する職場の仲間、友人などゲストの方に、最高の「思い出の味」として出せるよう工夫も行います。

お料理は、毎日のレストラン営業において、お客様よりご好評をいただいたものを常に覚えておき、婚礼料理としてお出しできるよう考えております。

例えばパエリアに、透明に仕上げたカレーソースをかけた当ホテルオリジナル「クリアカレー」を料理のコースに入れたオーダーも何度かありました。クラシックでオーソドックスな料理、伊勢海老のグラタン”テルミドール“フォワグラソテー トリュフソースなど伝統的なお料理もご用意しております。


挙式を終えられたお二人が、嬉しそうに「皆さんおいしいと喜んでいました。」とお言葉を頂けるようにまた、「思い出の味」として覚えていただけるように日々努力していきますので、お料理に関しては、何なりとご要望いただければ幸いです。

洋食料理長 波多野忠明